東京都大学
ソフトボール連盟

公式Webサイト

ニュース

2018.09.10

文部科学大臣杯第53回全日本大学男子ソフトボール選手権大会

文部科学大臣杯第53回全日本大学ソフトボール選手権大会は、8月31日(金)~9月3日(月)まで、男子は石川県小松市、女子は石川県金沢市にて開催された。初日は、雨天のため、第1試合目のみの実施になったが、予備日3日(月)を使用してすべての日程を終了することができた。

 男子決勝は、昨年覇者:日本体育大学と4年ぶりの決勝進出となった早稲田大学で、本連盟に所属するカードでもあった。また、ベスト4には、国士舘大学(早稲田大学に敗北し3位)も残り、本連盟のレベルの高さを証明してくれた。

 決勝は、日体大の打線が爆発し、初回から4番:池田泰一郎選手(主将)の先制タイムリー、5番:田中亨昂選手(3年:春季リーグMVP)の2打席連続本塁打などで5回までに8点を奪うと、投げてはエース:小山玲央投手(2年)が球速130km/hに迫るライズ、ドロップで早稲田打線を無安打・11奪三振に抑え、8-0で5回コールド勝ちを決めた。日体大は2年連続30度目の優勝を果たした。